ちょっと古い機械ですが・・・

ちょっと古い機械ですが、今回の作業は不具合の調査です。この超仕上カンナ盤、ロイヤル18FXカスタムです。刃渡り640mmの大型超仕上機です。

 すでに電装品のほとんどを新品と交換していますが、材が反転しないとのことです。新品の電気部品と交換しているのに動作しないと言うのが厄介です。

 とにかく配線ミスを疑うのがセオリーですから、早速制御盤の蓋を開けてチェックです。

大きさの違う代替品を無理矢理付けているのがわかります。苦労されたと思います。

 2~3箇所ほど電気図面とは違う配線がありましたが、指示書と図面が違っているのだから仕方ありません。この機械の図面通りにやり直します。

最近製造された機械と線番が微妙に違っていました。しかし、それでも動きません。仕方がないので部品のチェックです。ですが部品はほとんど新品です。交換していないのはリレーとタイマーのソケットだけです・・・と、言うことで狙いをソケットに絞りました。

 で、やはりと言うか狙い通りと言うか、ソケットの不具合箇所を見つけました。

 滅多に注文が来ない部品ですので手持ちはありません。交換を依頼して作業終了です。お疲れ様でした。